アクセス解析グーグルアナリティクスをご存知でしょうか。

このグーグルアナリティクスは、基本的には、通常のアクセス解析と変わりないものになるのですが、しかし「無料であること」と「データが豊富であること」の2点から多くの会社さまで導入されております。

ただ、このグーグルアナリティクスは少し利用方法が複雑になっていることがあり、これらを活用するのは普段あまりアクセス解析やホームページについて検討されていない方だと少し難しくなっています。

そこで今回は、アクセス解析「グーグルアナリティクス」の考え方についてご紹介をいたします。

アクセス解析「グーグルアナリティクス」とは

アクセス解析「グーグルアナリティクス」とは

弊社は大阪のホームページ制作会社で、アクセス解析サービスを提供しております。

このアクセス解析サービスでは、基本的にはどのようなホームページの解析データであっても、確認するのですが、しかし最も多いのはグーグルアナリティクスのレポート整理と改善提案になっていると思います。

このグーグルアナリティクスにおいては、実は相当難しいものになっていて、弊社がこれまで見たアクセス解析の中で、確かにかなり優れたアクセス解析であることは間違いないのですが、しかしそのデータ量の多さから非常に分かりづらいアクセス解析ということができます。

そしてこれらのデータを加工して、お客さまが見たときにもわかりやすいようにすることで、本当に活用できるアクセス解析になっています。

ではアクセス解析においてどのようなデータを改善することが大切になるかについてご紹介をいたします。

初めてならアクセス解析のデータは1点を見る

初めてのアクセス解析で見るデータ

これは初めてのアクセス解析の方向けですが、アクセス解析のデータを見る際には、1点だけに着目して見て頂くようにお願いしております。

その1点とは直帰率になっており、この直帰率を改善することで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

アクセス解析では結構見ていて楽しいのが、検索からの訪問キーワードのチェックなどになっているのですが、これらのデータを活用するには、ある程度アクセス解析の状態を把握することが出来てからになってくると思います。

そのため、まずは直帰率を見て、直帰率の高いページをリスト化し、そしてそれらのページの改善を行う必要があるのですが、しかしそこでまた問題があり、それはあまりに訪問者数が少ないページの直帰率は除外することが大切です。

どういうことかというと、この直帰率においては、1ページだけを見てホームページから出ていった人の割合になるので、この直帰率を下げることで、ホームページ内の情報をしっかりと閲覧してもらうことが可能になり、ホームページの成果を向上させることが可能です。

そしてこの直帰率においては、実は結構高いページが多くあるのですが、しかし、そもそも検索から1人しか訪れてくれていないページの改善をしても意味がないのです。

この直帰率は基本的には集客力が高いページに対して改善をしていくことが大切になっており、直帰率が高いページで入口回数が多いページを改善することで、本当に成果を出せるようになります。

そしてその話をすると、実際にどれくらいの訪問者数があるページを改善すればいいのかという話になりますが、これについては、2点のポイントで確認するといいでしょう。

まず1点目は、本当に多いページで、この多いというのは、トップページを基準にして、トップページと変わらないくらいの訪問者数を獲得しているページになります。

トップページと変わらない集客力を持つページは基本的にはホームページに数ページしかないと思いますが、これらのページをしっかりと改善していくことで、ホームページ内の巡回が飛躍的にスムーズになり、成約数を最大化させることが可能です。

そしてもう一点は、こちらは難しいですが、入口回数順にデータを並び替えてたときに上位に来ているページになってきます。

ここで上位に来ていると曖昧なものをお伝えしたのは、そのホームページの数や、改善実施の予算などで決めていくことが大切になります。

基本的には入口回数が多く直帰率の高いページを改善すること、そしてその中でもトップページ並に多くのユーザを集客しているページを改善することが本当に成果の出るホームページになるのです。

そしてこれらの作業は、実際に弊社でもいくつかそういったページがあるのですが、そのページ自体の直帰率が高くても問題が無いようであれば、そのままの状態でも良いと思っております。

ただし、その際にはたくさんの訪問者を集めていることは、それだけSEO評価が高いということになるので、しっかりとトップページへと内部リンクだけは張っておくようにしましょう。

このように単純に直帰率を見ればいいと言っていますが、実はそれぞれのページで、直帰率が別に高くてもいいというページも多くあるので、そのようなページを除外していくことが大切です。

これまで弊社が解析データを見てきた限りで言うと、この直帰率が多少高くても問題ないと考えるページはスタッフブログなどでノウハウを公開している場合になっていると思います。