最近弊社では助成金を使ったホームページ制作を提案する機会が多くなっております。

この助成金を使ったホームページ制作においては、基本的にはこの助成金がなくてもホームページ制作が行えるということを考えることが大切でこれらをしっかりと行えるようであればホームページ制作は成功するのです。

そこで今回は助成金を使ったホームページ制作についてご紹介をいたします。

助成金は商工会議所などで

助成金は商工会議所

まず今回の助成金を使ったホームページ制作においては、この助成金の内容を弊社にお問い合わせをいただくことがありますが、しかし、弊社で分かる範囲はしっかりとサポートさせていただきますが、しかし弊社は助成金についてそこまで詳しいのではないのです。

そしてこの助成金を使おうと考えたときに弊社がオススメしているのが商工会議所へのお問い合わせになっております。

この助成金は100%下りるということはないのですが、しかし万が一助成金が出てくれば、かなりホームページ制作費を安く抑えることが可能になるので、しっかりとこれらを対策だてることが重要になるのです。

助成金の種類

助成金の種類

ほかにもあるかしれませんが、現状で弊社が把握している助成金は、IT導入補助金と小規模事業者持続化補助金、地方自治体の補助金や助成金の3つの助成金があります。

これらは基本的にはホームページ制作費を補助してくれるものになっていて、これらをうまく利用することで安くホームページ制作が行えます。

そしてこれらを申請しても100%通るものではないのですが、基本的にはホームページ制作単価を落とすことは作業時間を短縮することになってくるので、

そのため、これからホームページ制作を行われる方は、基本的にはこれらの助成金を利用しなくても問題がないようにあらかじめ予算に応じた見積りを貰っておくことで、滞りなくホームページ制作が行えるようになるのです。

助成金には条件がある

助成金の条件

そしてこの助成金にはある程度、どのような事業者であれば降りるかなどの条件があります。

その条件を満たしていれば申請することができるものになっており、この条件は実際に実行できないというお客さまもいらっしゃります。

この条件については、それほど難しいものではなく、現在であれば売上が下がっているなどの条件が付いていることが多く、もちろんこれ以外の要素も存在しているのです。

そのため、単純に助成金と言っても、その助成金の種類によって様々なルールがあり、これらをしっかりと行うことで期待以上の成果を出せるホームページとなるのです。

ホームページ制作は基本としては安ければ安いほど良いものになっているのですが、しかし最悪のケースではしっかりと自社でも出せるような見積りを用意していくことで、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

IT導入補助金が人気

IT導入補助金

そしてこの助成金の中でも人気があるのがIT導入補助金になっているように思われます。

実際に弊社ではどのような助成金があるかは知っておりますが、しかし具体的なことは分からないものになっていますが、多くのお客さまがこのIT導入補助金を検討されております。

ただしこのIT導入補助金については、IT導入補助金業者が必要になっており、認定業者であることが認められた会社でなくてはならないのです。

そのため、弊社の場合ですとこれらを申請することができないものになっており、IT導入補助金を利用する場合は、IT導入補助金認定業者を選ぶ必要があるのです。

そしてこれらを弊社のホームページ制作で利用することもあるのですが、採択業者にお願いをすると、お見積額の20%がオンされることが多いので、これらをしっかりと対策建てて行うことが費用対効果の高い助成金活用になると思います。

基本的には現在のホームページ制作においては、100万前後の案件が多くなっており、これらの一部をしっかりと助成金として利用することができればリーズナブルなホームページ制作が可能になります。

基本は制作費

制作費

そしてこの助成金においては、基本的にはホームページ運営で利用するという話を聞いたことがありません。

基本としてはこの助成金においては、ある程度の額がないと申請できないものになっていて、一般的なホームページ運営費においては、10万代での運営が多いのではないでしょうか。

そしてこれらを徹底していくことが本当に重要になっており、しっかりとこれらを対策建てて行うことで、ホームページ制作は成功させることができるのです。

特に弊社の場合においては、ホームページ制作は少し高いかもしれませんが、しかし運営は他の会社と比べて飛躍的に安いものになっているので、なかなか助成金を使おうというお客さまもいないというのが現状です。

もちろんホームページ運営の中でコンテンツを追加したり、大規模な改定を行うとなるとそれなりの予算は必要になりますが、しっかりとこれらを行うことで、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。