被リンク対策を行っているあるいは調べていると、さまざまな情報を目にします。

そしてこれらの情報を公開している人たちは、大きく分けて被リンクが不要だと言っている方と被リンクは必須だと言っている方に分かれており、被リンクが必要だという方についてもその施策法はさまざまな情報が出回っています。

弊社も被リンク対策を行うにあたり、このあたりの情報に結構振り回されましたが、現在は正しい被リンク対策についてある程度は理解しているつもりです。

そこで今回は弊社が考える正しい被リンク対策についてご紹介をいたします。

被リンク対策で知っておくべきこと

被リンク対策で知っておくべきこと

被リンク対策で知っておくべきことは本当に多くあります。

これらをしっかりと理解して被リンク対策を行うことが大切になっていて、逆にまったく知らないと効果があるかどうかは運任せになってしまうのです。

ただし知っていたからと言って、効果を出すことができるものではなく、効果が出なかった場合にはしっかりと対策を行い続ける必要があります。

そこで今回は、実際に被リンク対策で上げた手法をベースにご紹介をいたします。

被リンク元は関連性よりSEO状況

関連性よりSEO状況

まず初めに被リンク元のホームページは関連性が大切だと言われていますが、おそらく関連性よりその被リンク元のホームページのSEO状況が大切になっていると思います。

その理由は実際に検索順位を上げているホームページの被リンクを調査すると分かるのですが、可®年生がないホームページでもそのホームページがしっかりとSEOを行っているだけで上位表示しているホームページの検索順位を高めています。

これは非常に大きな要因になっていて、関連性を意識しすぎると、思ったほど被リンクが集まらないことがあるので、関連性を無視して被リンク対策を行えるのであれば、一気に被リンク数を増やすことが可能になります。

そのため関連性は実はそれほど現状では大切ではないと理解をしていく必要があるのですが、しかしその際に関連性がなく手もいいのであれば関連性がないホームページからの被リンクばかりを集めてはいけません。

というのがこの関連性についてはグーグルは関連性の高いホームページからの被リンクこそが効果があると言っているので、今後どこかのタイミングで関連性がない被リンクが無効化される恐れがあります。

そのため、割合としては関連性があるを7として、ないが3程度に抑えることが大切になり、これらをしっかりと行うことで、御社のホームページの検索順位は安定します。

さまざまなページに被リンク

さまざまなページに被リンク

自分で被リンク対策を行っていると、外部にホームページやブログを制作していると思います。

このときにトップページが大切だからと言ってトップページだけに被リンクは行わないほうが良い結果を得ることが可能になります。

というのがトップページの検索順位を上げることはもちろん大切になるのですが、基本的には外部のホームページをそれほど多く制作することは難しいものになっています。

そして1つのホームページから大量にトップページだけに被リンクを行っているのは明らかに不自然になるので、トップページ以外の中ページはもちろん、自分のライバルとならない似たテーマのホームページへも被リンクを行うことで、自然な被リンク対策にすることが可能です。

そして1点知っておくべきことがあり、例えば自分のホームページ以外のホームページにリンクする際に、そのホームページが本当にSEOで評価されているとリンクをした効果を被リンク元のホームページが受けることが可能です。

これはかなり大きなメリットになるので、しっかりと有名どころそして御社のライバルとならないホームページへとリンクを行うことが大切です。

ただし、ライバルになるホームページへのリンクはできる限り辞めたほうが良いです。

アンカーテキスト

アンカーテキスト

アンカーテキストは分散させたほうが良いというのが一般的なものになるのですが、しかしこのアンカーテキストはどうなのでしょうか。

一般的に確かにアンカーテキストを分散させたほうが、SEOとしては良いと言われていますが、しかし、このアンカーテキストを分散で一つ疑問がありそれはURLになります。

一般的にアンカーテキストを利用するだけではなく、URLでのリンクなどを利用するとURLは共通になるので、こればかりは分散ができないものになっています。

そしてさらには、海外の被リンク対策で多いのが、そのページのタイトルをそのままアンカーテキストにすることになっていて、これらはまったく分散されないものではないでしょうか。

そのため、現状ではアンカーテキストの分散についてはいまいちよく分かっておりませんが、しかし恐らく分散はさせたほうが良いと思いますので、しっかりと分散をさせた被リンク対策がお薦めになります。

ドメインの分散

ドメインの分散

最後にこれを増やすのは本当に大変ですが、ドメイン分散が効果があると言われており、これはまさにその通りだと思います。

実際に一度上がった被リンク元のホームページをとにかく更新していても、それ以上上がるというケースは現状ではありません。

どちらかというと新規のドメインから被リンクを行ったときの方が上がっており、それは単純にドメイン分散になっているからだと思われます。

ただし、これ自体の効果もどれほどのものになるのか、さらには現状上がってないけれども、それらを継続していれば上がるのかについて現在調査中になっています。

これらが分かるだけでも被リンク対策の効率は飛躍的に高まるので、しっかりとこれらを検討していこうと現在思案中になります。