弊社は大阪にあるホームページ制作会社ですが、最近のSEOを考えるとブログサイトなどの更新可能コンテンツの制作を提案しております。

このブログの提案は今のSEOを考えると必須なのですが、ある程度ブログからの集客が軌道に乗ってくると、お客さまのホームページの解析データを確認してみると、非常に高い直帰率であることがあります。

この直帰率については、その業界にもよるので、一概には言えませんし、さらには同じ業界の他のホームページと見比べることもできないので、どれくらいが最適な直帰率かは分かりませんが、しかし一般的に見て高い直帰率になっております。

そこで今回は、このブログサイトの直帰率についてご紹介をいたします。

ブログはSEOに必須

SEOとブログ制作

まずブログはSEOには必須と言っても過言ではありません。

基本的にSEOを考えた場合にページの作成が大切になるのは、更新頻度とより詳しいホームページにするために必要になっており、これらの二つを達成することができれば、そのホームページはかなりSEO対策として上がるあるいは上がる資格を得ることができるということができます。

このページ作成をしっかりとどうすれば良いのかをとらえることで、本当に効果的なホームページになるのですが、しかしその方法については、非常に手間で複雑なものになっているのですが、しかし一般的に大手がやっている施策などを見ると、通常のホームページでもやるべき方向は見えてきます。

そしてこれらを徹底して行い続けることで、ブログ自体のSEO効果が高まる他、トップページのSEOも少しずつにはなりますが、成果を出せるようになっております。

直帰率が高まる理由

ブログサイトは直帰率が高い?

そして、このブログをSEOのために記事制作を真剣に行っていると問題が発生します。

それは、直帰率になっており、実際に多くの企業でブログ記事数が多い場合で、SEOでブログサイトが評価されていた場合に、非常に高い直帰率になっております。

このブログサイトが直帰率が高くなる傾向については、実は相当意識をしたほうがよく、実際にデータを取ったわけではないのですが、弊社がこれまでお客さまのホームページを見ていた限りでは、感覚的に、60%以上90%未満までホームページ全体の直帰率が向上しております。

まずブログサイトの直帰率が高くなる要因としては、弊社が提案するのは、ノウハウ公開記事になっており、そのノウハウを見て、たとえその記事が良いと思っても、その記事だけで情報が自分の中で知りたい情報を得ているので、他のページを見ずに帰ってしまうことが要因です。

これは多少は仕方がないのですが、しかし、非常にもったいないものになっており、まずはこのようなユーザに対して本当に関連するページへと内部リンクなどを張り付けることで、直帰率を下げることが可能になります。

ただ、この直帰率を下げるのは、本当にドンピシャでなくてはならず、なかなか下げるためには相当努力が必要になります。

そして次にこの直帰率を下げる必要があるのかと言うポイントがあります。

これは実際に弊社のホームページ制作実績あるいは弊社のホームページのアクセス解析データを見たときに、確かにブログサイトは直帰率を引き上げてはいるのですが、実はトップページへのSEO効果がある、そしてブログサイトを除いてホームページだけの直帰率を確認してみると、大体が10%以上下がるというテータがあります。

そのため、まだ満足いくような順位になっていない場合は、取り敢えずは、ブログサイトは直帰されるものであると判断をして、まずは順位向上対策を行い、ある程度狙った通りの検索順位になった段階で改定を考えても良いと弊社では考えております。

ただ、一点だけ、この直帰率については、ブログサイトを除いて直帰率を確認して、その時の直帰率があまりに高い場合は、ホームページの方の改善は必要になってきます。

直帰率が高くても仕方ない

直帰率の確認は必要だが仕方ないと思う

ホームページの直帰率は確かに成約率を高めるための第一歩の対策です。

しかしその際に直帰率が高くても仕方がないと判断しても良いコンテンツもあり、これらを除いたときに直帰率がどういう状況下を確認していくことが大切です。

この直帰率が高くても仕方がないというのは、ホームページ制作段階で定めたそれぞれのページの役割から検討することが大切で、これらを徹底していくことで、そのホームページは確かに直帰率は高くなりますが、しかし成果を出せるようになるのです。

SEOを行っていると、結構な頻度で直帰率は気になるポイントになっていますが、しかし、その直帰率がこのコンテンツはどのような数値になるかということも検討していくことで、より良い効率の良いホームページ運営が可能です。

ブログサイトにおいては多少ですが、直帰率が高くなる傾向があります。

例えばブログサイトの直帰率が80%であった場合、ホームページの直帰率に大きな影響を与えますが、このあたりをどう捉えるかまで考えたブログサイトの制作・運営を行うことで、SEOの効率化が図れるのです。