グーグルサーチコンソールの利用は本当に大切になっていて、しっかりとこのグーグルサーチコンソールを導入してホームページの改善を行うことで、ホームページのSEO効果は大きく向上します。

そしてこのグーグルサーチコンソールは、SEOを行う方、あるいはSEOをそこまで本気で行っていないが、検索から訪問者が訪れてくれればラッキーと思っている方など、検索から少しでも訪問者を獲得しようと思っている方には必須のツールになっています。

そこで今回はこのグーグルサーチコンソールについてのご紹介をいたします。

グーグルサーチコンソールの利用は必須

グーグルサーチコンソールを利用しよう

グーグルサーチコンソールの利用は必須であると言わざるを得ません。

このグーグルサーチコンソールはあくまでSEOのためのモノになっているのですが、しかし本気で特定のキーワードでの上位表示を狙っている方以外にも、会社名でとりあえず上がってくれればいいというような比較的簡単なSEO対策を行っている会社さまにおいても、このグーグルサーチコンソールの導入と活用は必須になってきます。

このグーグルサーチコンソールの導入は、本当に簡単に行え、グーグルアカウントを所有していて、そしてそのホームページの運営者すなわちワードプレスの管理画面へアクセスできるあるいは、FTPを使ってサーバにアクセスできるのであれば、簡単に導入することが可能です。

グーグルサーチコンソールは、GSCと言われることもあり、この活用は重要になるため、多くのホームページ制作関係のブログなどに公表されていますので、ご興味がございましたら、それらも一度調べてみることがお薦めです。

実際にグーグルサーチコンソールの利用をご検討の方は下記アドレスからグーグルサーチコンソールのホームページへとアクセス可能です。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

主にGSCで行うこと

GSCで行うこと

では実際にGRCを導入して、何をすればいいのかについてご紹介をいたします。

このGRCでは、主に3点の対策があり、取り敢えずはこの3点を行えばいいものになっています。

まず1点目は、グーグルにXMLサイトマップの送信になっています。

このXMLサイトマップの送信は非常に大切になっており、このXMLサイトマップはグーグルがページ認識を行ううえで、2番目に重要視しているものになっています。

そのため、このXMLサイトマップを送信することで、グーグルに作成したページをしっかりと認識してもらうことが可能になっており、しっかりと送信していかなくてはなりません。

これらを行うことで、新規ページ作成のSEO効果は最大化され、さらにはこのXMLサイトマップの送信は最初に1度行っておけば後は自動収集になるので、効率よくホームページの情報が収集されて行きます。

2つ目はURLの送信になります。

このURLの送信は別に行わなくても問題はなく、XMLサイトマップを送信していれば、御社が作榮下ページをしっかりと認識はしてくれ、さらにはこのURLの送信を行ったからと言って、必ずしもグーグルが認識してくれるものではないので、あくまでサブ的に捉えるのが良いでしょう。

ただ、このURLの送信は、基本的にはホームページ制作が完了した後、最初に主要なページを送信すること、そして新規ページを作成したらしっかりとそのページを送信していくことで、本当に成果の出るホームページとなります。

そして最後に3つ目は、「カバレッジ > 除外」から問題箇所の改善になります。

基本的には重複やインデックスされていないページの改善になっており、これらを改善して実際に劇的に検索順位が上がったということはないのですが、しかし、SEOの基本としてすべての会社が改善をしているので、しっかりと改善をしたほうが良いでしょう。

そしてこれらをしっかりと行っていることで、先ほどはSEOで劇的に検索順位が上がることはないと言ったのですが、具体的にはどのような効果を得れるのでしょうか。

ホームページ運営効率が最大化

運営効率の最大化

それはホームページ運営効率が最大化されるというメリットがあります。

どういうことかというと、別にエラーが大量にあろうが、評価が低いページが大量にあろうが、グーグルはおそらくそれらのページをしっかりと認識してくれています。

ただし、例えばですが、新規ページ作成のSSEOを行っているときに、質の低いマイナス評価にならないようなページ作成であった場合に、その作業量は膨大になってきます。

一般的にしっかりとホームページを制作していたら、+2点貰えるところ質が低いから0.1点という評価だと、+2点のページは5ページ作れば10点ですが、0.1点だと10点のために100ページ作らないといけないのです。

この数字は適当ですが、しかし実際には、これくらい質をグーグルは評価しており、数でばかり戦っていることは本当に効率が悪いホームページになるのです。

そしてこの質を高めるための対策の一つとして、グーグルサーチコンソールがあり、これらを最適化していくことで、そのホームページ運営の作業量が激減します。

基本的にはサーチコンソールの問題点の改善だけでは、絶対にホームページ制作は成功しませんので、それらを理解して対策することが重要になっています。