ホームページ制作見積りは総額だけを見ていませんか?

実はホームページ制作の見積は基本的には、それぞれの会社の特徴が打ち出されたものになっているので、これらをしっかりと見ていくことで、より効果的なホームページ制作が可能になっています。

そのため、ホームページ制作見積りについては、しっかりとその内訳の確認を行い、そしてその内訳からどのような特徴があるホームページ制作が社であるかを検討することが重要です。

また、単純に高いと思っていたホームページ制作費もこれらの内訳から、この機能を取って行けば安くなるということが判断できるので、非常に大切になっています。

そこで今回は、ホームページ制作見積りについて解説をいたします。

ホームページ制作見積りの内訳

ホームページ制作見積りの内訳

まず基本的にホームページ制作費を一式で出してくるホームページ制作会社はあまりないと思いますが、その内訳をみることでそれぞれの会社の特徴を知ることが可能になるのです。

どういうことかというと基本としては、ホームページ制作費については、人件費で算出されるものになっているので、例えばこの費用が高いや安いをしることで、それぞれの会社の特徴を出せるようになっております

例えば弊社においては、デザイン費で言うと、実はそれほど得意ではないので、もちろん時間はかかるものになっていますが、しかしこのあたりの費用は安く出すようにしております。

その理由は単純に確かに時間はかかるのですが、しかしここで単純に時間で計算していると、内訳を見たときにそれだけお客さまのデザインに対する期待値が高まるものになっているので、ここを安く提供していくことが重要になっているのです。

変わりに、弊社ではワードプレス制作をしっかりと行っており、このワードプレス制作においては、非常に手間のかかる作業を行っているので、自信もあるため、高く提供をしております。

そして総額で言えば大体人件費分を獲得できているものになっており、基本的には内訳をみると単純にその会社が何を得意としているかが具体的に分かるものになっているのです。

そのため弊社ではデザイン費、コーディング費、システム費というようにしっかりと分けてお見積書を作成しており、これらを見ただけでも弊社がどのような会社かをご理解いただけるようにしております。

企画進捗管理費が分かりづらい

企画進捗管理費

そしてお見積書の中に企画進捗管理費があるのですが、この費用だけがまだ細分化されていないものになっております。

この企画費の中には、基本的には交通費や営業マンの人件費、資料などの費用が含めております。

そしてこれらの費用については、弊社では大阪の相場にならっており、その相場は大体ですが、ホームページ制作費の20%となっております。

そしてこの20%が高いか安いかで言えば、実は決して高いものではなく、お客さまによりますが、複雑な営業活動を行うと赤字、スムーズに制作できると黒字というようになっていて、月ベースで見ていくとトントンくらいの費用になっております。

そのため、決して高いものではなく、そして安いものでもなく、これらの費用はホームページ制作に必要なものになっているのです。

ただし、これらを考えたときに、昔は結構値切りの対象になっていたのですが、現在ではほぼ値切られることがないので、しっかりと対策建てて行うことでホームページ制作の成果は最大化されていくと思います。

どうしてもこの企画費についてはお見積りの段階でコストがいくらくらいかかるのかが読めないので、ざっくりとした20%というのがベストではないかと思っております。

PC制作・スマホ制作・システム

PC制作・スマホ制作・システム

そしてその他としてPC制作とスマホ制作、システム開発費用を別で出しております。

基本的にここで最も高くなるのがシステム開発になっており、ワードプレスなどを利用したとしてもこのシステム開発が最も高くなっております。

このシステム開発については、実はSEO対策に最適化すると非常に多くの労力を伴うものになっていて、しっかりとこれらを対策建てて行うことでホームページ制作の成果は飛躍的に高まるのです。

そしてこれらを徹底して行うことは非常に大切になっており、しっかりとこれらを行うことができれば本当に成果の出るホームページ制作となります。

ホームページ制作においては、実はグーグルを切り離せないものになっているので、このグーグルがホームページを正しく認識できるように対策を立てることが重要になっています。

そしてこれらの作業を徹底して行い続けることでホームページ制作は期待以上の成果を出せるようになっており、しっかりと対策を立てることで成果を出せるものになることや制作時間が多くかかることなどから高くなっております。

そしてPCサイトの制作費としては実はそれほど高くなく、さらにはスマホサイト制作費は6掛け程度の費用になっているのです。

また弊社ではこのPCサイトの制作費とスマホサイトの制作費については、デザイン費やコーディング費をしっかりと分けて提出しております。

これが大阪にあるホームページ制作会社のホームページ制作見積りになっております。