ホームページを制作して運営しているとホームページの質についての情報を見たことがある方は多いと思います。

このホームページの質とは、非常にあいまいなものになっていて、単純に言うと、良いページを作ればそれには原稿量や画像の利用などは関係がないというものになっています。

そしてこれらを徹底して行うことで、御社のホームページの質は飛躍的に高まり期待以上の成果を得ることが可能になります。

そこで今回はよく言われるホームページの質とは何になるのかをご紹介いたします。

ホームページ制作の質は検索エンジン向け

ホームページの質は検索エンジン向けで良い

まずホームページの質についてご紹介する前に、その質とは誰に向けてのものになるのでしょうか。

例えばデザインに強いホームページ制作会社に質って何でしょうかと聞いてみると、「グーグルは本文を理解していて、その質が高いか低いかを判断している」と言われることがあります。

しかし、そういわれたときに弊社は絶対にないと言っており、その理由は日本語だけでも膨大な表現方法があるし、それをグーグルが正確に判断してその原稿の格付けを行うことはまず不可能になっています。

そのためグーグルは間違いなくここまでの把握を行っておらず、その根拠についてさらに言うと、ワードサラダと言われる文法は正しいけど日本語としては少しクエッションマークの付くようなページを基本はプログラムを解析して見つけていくのですが、しかし一時的に上げていることもあるのです。

そのためグーグルの言語理解は限界であるとは思いますが、日本語を把握しておらず、文法的に正しいかどうかは、もちろん判断がしやすいですが、しかしその表現がユーザにとって魅力的かどうかの判断をしていないのです。

このことをしっかりと理解していないと原稿作成が進みませんので、しっかりとこれらを理解してあくまでグーグルは機械的にしかそのページの原稿を把握できていないと理解することが大切です。

ただし、いくらグーグルが機械的にしかページの内容を認識していないからと言って、その機会にだけ最適化する原稿を作成していると、次に成約率が高まらないや、アルゴリズムの変更で検索順位が一気に落ちる恐れがあると理解をして、プログラムを理解して、その上でユーザにとって役立つ原稿作成を行うようにしましょう。

基本の基準は文字数と被リンク

その質とは文字数と被リンク

まずこのプログラムについては、基本の情報としては、文字数と被リンク数が多いページをグーグルは質が高いと認識します。

ただ、この文字数については、実はそのページの目的ごとに最適な文字数を検討しているようで、例えば、トップページなどについてはいくら文字数を増やしても意味がありませんし、また商品ページなどについては、類似の原稿が多くても、ページ自体が存在していることを評価してくれます。

そしてスタッフブログについては実は文字数をいまだに評価しており、それはグーグルが最も詳しいホームページを高く評価しているためになります。

そのため、この最も詳しいホームページにするために、文字数のあるページであること、そしてページ数を多く制作することで御社のホームページは自然と検索エンジンに高く評価されるようになっています。

これらを徹底することで自然と御社のホームページ制作は効果を高め、期待以上の成果を生み出せるようになっています。

理想はただ文字数が多いだけでは駄目

文字数が多いだけでは駄目

文字数が多いだけでもグーグルは高く評価してくれますが、しかし文字数が多いだけでは駄目です。

基本的には例えばホームページ制作というタイトルで記事を書くのであれば、ホームページ制作で検索する人の意図を検討して、その意図を満たせるようにページ作成を行うことが大切です。

そしてこのような検索意図を満たすページ作成は自然と文字数が増えるようになっていますので、それでグーグルは質が高いと認識をしています。

この検索意図については、関連キーワードなどを見ていくことが大切になっていて、この検索意図を満たすことで、御社のホームページは期待以上の成果を生み出すようになっています。

そしてこの検索意図については本当に手間のかかる作業になっていますが、しっかりと対策をすれば必ず成果を出せるものになっているので、しっかりと意図を満たすページ作成を行うようにしましょう。

そしてこの検索意図については1点だけ注意点があり、この意図については実はそこまで検討しなくても自然と満たせるものになっているということです。

例えばクレジットカードに関するタイトルでページ作成を行っているのに、そこにホームページ制作についての記事を書いていれば、それは満たせていませんが、しかしクレジットカードに関するタイトルを付けたら、多くがクレジットカードに関する情報を記載していると思います。

そのため、実はそこまで意図を考える必要はなく、この意図についてはある程度ページを作成して被リンク対策を行ったうえで効果が出なければ関連キーワードなどを見て、ユーザニーズに最適化していくことが大切になります。

質の高いページを作成すること

質の高いページを作成

そして質の高いページを作成することはしっかりとタイトルに対して詳しいページ作成を行うだけでいいのです。

この質についての回答は明確にグーグルは打ち出していないので、どんなに考えても効果的な施策は見当たらず、それらを検討するよりもとにかく手を動かして、記事を書いていくようにしましょう。

ただしその時にある程度しっかりと原稿を書いていくことが大切になっていて、しっかりとこれらを行っていればそれ以上質を求める必要はとりあえずはありません。

そしてより質を高めるのは、ホームページから成果が出なかったときでよく、最初はしっかりとタイトルに対して詳しいページ作成を行うだけにとどめましょう。

多くのホームページで成果が出てこないのは、量が圧倒的に足りていないことが原因になるので、しっかりと量を増やしていくことで、期待以上の成果を出せるのです。

そして弊社は、このホームページ制作の質についてアドバイスをさせて頂いておりますので、ホームページ制作の質でお困りの方はTEL:06-7494-1148までご相談ください。