ホームページ制作価格について質問をいただくことがあります。

ホームページ制作価格は、基本的にはページ単位であると思われるかもしれませんが、実はホームページ制作にかかわる人員の数と作業時間によって異なっており、ページ単位というよりも、人件費の算出になっております。

そして基本は人件費でホームページ制作価格を出してから、それを単価にしているのですが、基本的には人件費で出してもいいのですが、人件費で出すと非常に説明が難しくなるので、そのような手間をかけております。

ただ、一般的なホームページ制作価格は、例えば1ページのコーディングを10,000円と定めたらその範囲で対応ができるので、ページ単価で提出して、大幅にページ数などが変更しても、数量を上げるだけで総額を出せるものになっています。

今回はホームページ制作価格についてご紹介をいたします。

ホームページ制作価格はピンキリ

ホームページ制作価格はピンキリ

ホームページ制作価格はピンキリです。

基本的にはホームページ制作価格は人件費をベースに算出しているのですが、この価格は実は作業効率や技術量なども乗ってくるので、非常に分かりづらいものになっています。

このホームページ制作価格については、基本的にはホームページ制作会社が内部で調整して、それをページ単価で打ち出すことが一般的になっていて、それはホームページ制作の作りが複雑であればあるほど業界としての単価が大きくなるということになっています。

具体的に言うと、例えば弊社のホームページには、ホームページ制作価格のページがあります。

ここで掲載している価格はもともとは人件費で出しており、例えばわかりやすい例でいうとワードプレスの導入やスマートフォン対応の作業費用が掲載しております。

この費用については、闇雲に設定しているのではなく、しっかりとそれぞれの作業にかかる時間を算出して価格を算出しております。

例えばワードプレスのインストールの費用については、一律で100,000円と定めているのですが、これはワードプレスをインストールするPCの占有時間や、初期設定を行う時間などをベースに算出しています。

そしてスマホ対応についても同様で、もちろんページごとに作業内容は異なってくるのですが、それでは具体的にどのようなページ作成になるかが分からなければ、費用が出せませんので、均一でホームページ制作費用の半分くらいの時間で対応が可能と考えており、その価格設定をしております。

このように、誰がどの時間行うかによってホームページ制作価格は算出されており、極論ですが、ホームページ制作価格を下げるには、ホームページのボリュームを下げて頂ければ、総額は確かに下がっていきます。

また、単純にホームページ制作は提案通りに行い、価格を下げてくれとご依頼をいただくことがあるのですが、確かにこれにもお応えはするのですが、しかし単純に人件費を下げるにも限界があり、赤字になってしまうことはできませんので、できる範囲での値下げになっております。

この値下げについては、理解して下げるにも限界があると理解して頂いていればスムーズですが、単純に値段を下げてほしいという場合は少し厄介なものになっております。

基本的にはホームページ制作価格は人件費から算出されているので、例えばデザイナーの1時間の単価が、4500円だとしたときに、それを4000円であればまだ対応が可能ですが、それを2000円や1000円にして欲しいと言われると対応が難しくなってくるので、この辺りはご理解をいただければと思います。

職種によって人件費が変わる

職種と制作価格

そしてホームページ制作価格を考える際にもう一点ご理解をいただきたいのが、ホームページ制作は一人で行うものではなく、複数人で行うものになっています。

どういうことかというと、基本的にはホームページ制作は、営業とデザイナー、コーダー、プログラマーの最低4人で行います。

そしてそれぞれの人間によって人件費が異なっており、最も高いのはプログラマーになって来て、最も安いのはコーダーになるのです。

これらを理解することは本当に大切になっていて、単純にホームページ制作費と言っても、それぞれの作業によって人件費が異なると理解することで費用対効果の高いホームページを制作可能になります。

例えば、ホームページ制作のコストを抑える対策として、ワードプレスやウェルカートでのホームページ制作があります。

これらを利用することでプログラマーが必要なくホームページ制作を行えるのでホームページ制作費を大きく下げることが可能です。

しかし、一般的にはそれでもいいのですが、しかし、ホームページ制作をして運営が複雑だと、ワードプレスではなく、オリジナルでホームページを制作したほうが良いこともあります。

どういうことかというと、基本的には、ホームページ運営が複雑だと、ワードプレスの仕様では十分に対応できないことがあります。

そしてもし対応ができなかった場合にはプログラマーを加えていかなくてはならず、しっかりとプログラマーに対応をしてもらうことで、本当に成果の出るホームページを制作できるようになるのです。

このようにコストパフォーマンスを考えることは本当に大切で、制作・運営するホームページとその価格を検証してみて最も良い選択を取ることで本当に成果の出るホームページを制作することが可能になります。

そしてこの作業を徹底することで御社のホームページは飛躍的に効果を生み出し、期待以上の成果を出せるのです。