狙ったキーワードでSEOを行うことは非常に大変な労力を伴います。

そしてこの狙ったキーワードでのSEOにおいては、基本的にはビッグワードであればその対策量が多いものになり、逆にスモールワードであれば、比較的簡単に行えるものになっているのです。

そのため、この狙ったキーワードでのSEOにおいてはどのキーワードで上位表示を狙うのかによって異なるものになっていて、しっかりとこれらを行うことこそがホームページ制作において重要になるのです。

そこで今回はこの狙ったキーワードでのSEOについてご紹介をいたします。

SEOの基礎

SEOの基礎

まず、SEOの基礎について、ご紹介をいたします。

SEO対策には2点の要素があり、まず一点目は、ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいホームページであること、そしてもう一点が最も人気があるホームページであることが重要です。

そして最も詳しいというのは基本的には、上げたいキーワードに対して最も詳しいホームページであること、そして人気があるというのは最も関連するホームページやSEOに強いホームページからリンクがあることを指しております。

そしてこれらを徹底して行い続けることがホームページ制作においては重要になっており、しっかりとこれらを行うことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そしてこれらの作業は本当に大変なものになっておりますが、しかし実際にこれらを徹底しているホームページは非常に効果的なものであるので、徹底して行い続けるのが良いでしょう。

メインキーワードで上位表示

メインキーワードで上位表示

まずキーワード設計を行うときに、トップページのキーワードは比較的難易度の高いキーワードになっていると思います。

例えば弊社であれば【ホームページ制作】などのキーワードがあたり、これらをしっかりと行い続けることで、ホームページ制作は成功するのです。

そしてこれらを行うことは非常に難しいものですが、行うべき方向性としては、まずはホームページ制作について最も詳しいホームページとすることだと思います。

それはSEOの基本が、詳しいか人気があるかのどちらかになっており、この人気があるというのは決して簡単なものではなく、本当に難しい対策になっているためです。

そのため、この人気があるホームページ制作においては、取り敢えずは最終手段にしていくことが重要になっており、しっかりと最も詳しいホームページを目指すことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

このようにホームページ制作においては、基本的には、詳しいホームページ制作を目指すようにして、実際にこれだけでも上がっているホームページは多くあるので、しっかりと例えばホームページ制作について詳しいホームページへと育てて行くことが重要になるのです。

ニッチキーワードでの上位表示

ニッチキーワード

そして次にニッチキーワードでの上位表示があります。

このニッチキーワードでの上位表示においては、まずキーワードをグーグルキーワードプランナーなどを利用して、どういうキーワードが検索されているかを調査し、そしてその調査結果からページ作成を行うことで成功させることができるのです。

そしてここでも実はそれぞれのページタイトルに対して最も詳しいホームページにすることや、人気があることなどが要素として存在しているので、とにかくそのタイトルに対して最も詳しいページ作成を行うことに注力いたします。

そしてこれらを行うことができれば非常にホームページ制作は効果的なものになり、期待以上の訪問者数が集まるホームページとなるのです。

狙ったキーワードの難易度

狙ったキーワードの難易度

そしてこのSEOを行う際に考えておくべきは狙ったキーワードの難易度になってきます。

例えばトップページでは、【ホームページ制作】で集客しようと考えたときに、トップページの文字数は増やしてもSEO効果があまりないので、中ページをどんどんホームページ制作に関連するページを作成していくことが重要になるのです。

逆に例えば【ホームページ制作 助成金】というキーワードにおいては、ホームページ制作というキーワードよりも難易度が下がるので、1ページでの対策を行うことが良いでしょう。

このようにそれぞれのページでどのキーワードで上位表示するのかを考えて、具体的な対策法に落とし込むこと、そしてそれぞれの難易度で対応法を変えることで、期待以上の成果を出せるSEOになるのです。

SEOで狙ったキーワードでの上げ方については、非常に難しいものになっていますが、しっかりとこれらを行うことで期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

狙ったキーワードのSEOは基本

狙ったキーワードのSEOは基本

そして1昔前であれば、結構ビッグワードだけのSEOを考えることが多かったのですが、現在ではほぼそのようなことはなく、ニッチなキーワードも含めて考えるようになりました。

そしてこれらのニッチなキーワードの訪問者数というのは実はホームページの企画段階で読みづらいものになっており、ざっくりと何人くらいを集めるという話をしております。

もちろんこの訪問者数については、獲得したいお問い合わせ数とサイトの成約率から算出しており、これらをある程度定めていくことがホームページ制作においては重要です。

そしてこれらを定めたら後はとにかく狙ったキーワードで上げるためにより詳しいホームぺージへと成長させることが重要になってきます。