ウェブサイト制作サービスはどのようなことができるのでしょうか。

一般的にはホームページ制作会社のホームページでは、ホームページ制作サービスが掲載されているのですが、これらはどのホームページ制作会社を見ても大体同じことがかかれております。

しかし実際にはどのようなことができるのかが少し分かりづらいものになっており、弊社のホームページも同様なので今後はこのあたりをしっかりと改定していかなくてはならないと思っております。

そこで今回はウェブサイト制作サービスでできることについて弊社の事例でご紹介をいたします。

ウェブサイト制作サービスでできること

ウェブサイト制作サービスでできること

ウェブサイト制作サービスでできることは基本的にはどのようなウェブサイト制作であっても対応が可能であると思います。

そのためそれぞれの会社で掲載している内容は異なりますが、基本的にはどの会社に依頼しても最適なホームページ制作を行うことが可能です。

ただ、やはりそれぞれの会社で得意不得意が実際にあり、弊社もウェブサイト制作サービスのページを用意しておりますが、このページに書く内容はかなり色々と悩みました。

得意分野をしっかりと打ち出す

得意分野をしっかりと打ち出す

基本的にはホームページ制作会社になるので、どのようなホームページ制作でも対応が可能です。

しかし実際にお問い合わせをいただいてヒアリングのためにご訪問をさせて頂いたときに、その内容によってはお断りすることがあります。

どういうことかというと、基本的には弊社にお問い合わせをいただくお客さまの多くがシンプルなホームページであることはそんなに多くなく、少し複雑なホームページ制作を希望されます。

そしてこの複雑なホームページ制作においては、もちろん対応は可能なのですが、しかし実際に弊社出ないほうが安く制作できたりすることもあるので、もし対応ができる会社があるようであればそちらにお願いする方が良いかもしれませんとお伝えをしております。

これは別にややこしそうだから断っているのではなく、一言でウェブサイト制作と言っても、それぞれのホームページ制作会社で特徴あるサービスを提供していて、それぞれのホームページ制作会社で得意不得意があるのです。

そして、ホームページ制作については、基本的には人件費で算出することが可能であるため、あまり得意でないホームページ制作会社に依頼するよりも得意なホームページ制作会社に依頼したほうが安くウェブサイト制作が行えるようになっております。

ただ、これが得意でこれが不得意というのは基本的には打ち出すことが難しいので、自社ができることの一部をページ化して打ち出すのが一般的になっていて、これらをしっかりと打ち出すことで本当に成果の出るウェブサイト制作になります。

ウェブサイト制作サービスの打ち出し

ウェブサイト制作サービスの打ち出し

ウェブサイト制作サービスの打ち出しは弊社でも結構悩んでおります。

例えば、弊社においてはレスポンシブウェブデザイン作成は打ち出していないのにワードプレス制作は打ち出していたり、さらには新規ホームページ制作とリニューアルのページがあったりと、結構思いつくままにページ作成を行ってしまった感が出ております。

そのため、今後の課題としてはこれらの整理になっており、本当にユーザにとって必要なページのみで考えていくことが大切で、不要なページは統合したり、必要なページを制作したりしていかなくてはなりません。

しかし現在弊社のウェブサイトでは、例えばホームページリニューアル大阪で上位に表示されていた李、新規ホームページ制作大阪でも上位にあるため、確かにこれらは効果がないにしても、なかなか削除は難しいものになっています。

そのため、どこかのタイミングでしっかりとサービスコンテンツを整理していく必要があると思っており、これらをしっかりと整理することで、弊社のホームページの成果は最大化されるのではないかと思っております。

また、さらには弊社では昔、ウェブサイト制作サービスサイトエクスプレスなども提供していたことがあり、これらも現在はサービスを休止しているのですが、扱い方を再度検討したり、さらには、ウェブサイト制作の流れなども、サービスコンテンツに掲載しております。

これらの情報を整理することが弊社のホームページの課題になっており、これらをどうするか一度時間を取って考えることが急務になります。

そうすることで、お客さまに弊社がどのようなウェブサイト制作が強く、そしてどのようなウェブサイト制作に弱いかをしっかりと理解することが可能になり、期待以上のホームページ制作が可能になると思っております。

ウェブサイトに掲載していく内容は自社が打ち出したい情報になるのですが、その情報が本当にユーザに求められているかや、それらを正確に伝えることで、お客さまが勘違いしないようにすることが重要になります。

これらをしっかりと制作して、そしてお客さまに確認をいただくことこそが、ウェブサイト制作作業の効率化になっているのではないでしょうか。